TOP >> 中性脂肪の高い原因

中性脂肪の高い原因

健康診断の結果で、中性脂肪の数値が高くなっていると思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

前回は正常だったから、今回だけ基準値を超えてしまっただけだと勘違いしないようにして下さい。

そのままにしておくと、後からとても危険性の高い病気になってしまうかもしれません。

 

中性脂肪が高い原因

中性脂肪の数値が高くなる原因は、食事内容と摂取量にあります。

とくに、脂質の多い肉類や乳製品でロースステーキやハンバーグ、から揚げや豚の角煮、鶏の手羽先、ウインナーなど肉類の摂取量が、中性脂肪の数値を上げる一番のポイントとなっているのです。

また、糖質も重要でご飯やうどん、そば、ラーメンなどの麺類やパン類があります。

これらは、炭水化物ですが体内では糖質に変わるので中性脂肪を高くしてしまうのです。

主食となるご飯やパンなどは、毎日食べることが多い方もいると思うので、摂取量には十分注意して下さい。

 

中性脂肪を下げる

好きな物を好きなだけ食べるのではなく、適正な量の摂取が基本となるので、大きいサイズの茶碗から普通の茶碗にしてみたり、ご飯はお代わりせずに腹八分目くらいにしておくと良いでしょう。

肉類から青魚を多く摂りいれることで、血液がサラサラになり、悪玉コレステロールや中性脂肪を下げる効果があるそうです。

おやつなどのケーキやボテトチップなどの間食は止めるようにしましょう。

日本酒やビールなどのアルコール飲料は飲まないようにとは言いませんが、週に何日かの休肝日を作るように心掛けましょう。

ストレスも中性脂肪との関わりがあり、ホルモンのバランスなどの崩れから中性脂肪が増えてしまう事もあるそうです。なるべく溜め込まないように注意しましょう。

中性脂肪を減らすには

自分に合ったやり方で食事の見直しをしていければいいと思うので、いきなり無理はせずに長く続けていきましょう。その時に適度な運動も一緒に行うことができると、中性脂肪減少効果は更にアップします。

自分が出来る範囲のウォーキングやストレッチなど、簡単にできることからスタートしてみて下さい。

メニュー

免責事項

※当サイトは血中中性脂肪を減らす食事や運動についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。血中中性脂肪を減らす食事や運動は個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。