TOP >> 中性脂肪を減らす薬

中性脂肪を減らすには薬

最近お腹回りに付いた脂肪、中性脂肪が気になりはじめた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

中性脂肪を減らす1番の方法は食生活の改善でしょう。

好きな物ばかり食べているのではなく、バランスの良い食生活に変えることではないでしょうか。

肉類を魚類中心にしてみたり、調理をする時の油を植物性のものに変えてみるのも良いと思います。

また、海藻やきのこ類、野菜には多くの食物繊維が含まれているので多く取るようにしましょう。

ビールや日本酒などのアルコール飲料はなるべく控えるようにしていきましょう。

 

中性脂肪を下げる

このように中性脂肪は食生活の見直しで少しずつ改善され、同時に程度な運動をしていくと更に効果があるそうです。

しかし、生活習慣を見直そうとしても簡単なことではありません。

毎日働き、時間のない方にとっては厳しいかもしれません。

 

中性脂肪を下げるために、病院へ受診をすると薬が処方されることもあります。

種類は、ニコチン酸製剤とクロフィブラート系製剤だそうです。

薬の効果としては、中性脂肪を減少させるだけではなく、基本的な効果としては動脈硬化の予防として使用されています。

使用する事で、中性脂肪の減少と悪玉コレステロールの減少につながるということになっているそうです。

 

中性脂肪を減らす薬

中性脂肪を減らす薬を使用するとなると、副作用には十分に注意して欲しいと思います。

ニコチン酸製剤は体温の上昇やほてり、皮膚の乾燥や痒みなどがあり、血糖値も上がりやすいので、持病で糖尿病がある方は先に医師へ伝えて下さい。

クロフィブラート系製剤の場合は胃腸や肝臓への影響がでることもあり、筋肉萎縮の副作用のリスクが高いそうです。

中性脂肪を減らすには漢方薬も

中性脂肪を減らすためのもう一つの薬には、漢方薬もあります。

漢方薬も直接中性脂肪を減らすのではなく、動脈硬化の予防や血液サラサラ効果などが中心となっているそうです。

即効性があるわけではありませんが、長く続けることで体質改善から行うことができそうです。

漢方薬には副作用自体少ないと言われていますが、全くないわけではないので利用方法をしっかり守って使っていきましょう。

メニュー

免責事項

※当サイトは血中中性脂肪を減らす食事や運動についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。血中中性脂肪を減らす食事や運動は個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。