TOP >> 中性脂肪を減らすには

中性脂肪を減らすには

健康診断の結果に血中脂質という血液中にどれだけの脂質があるかを測定する項目があります。

脂質というとコレステロールだけと考える方も多いかもしれませんが、その他にも血中脂質はあるのです。

項目で必ずチェックされている中性脂肪は、脂肪細胞に蓄えられている貯蔵用のエネルギーでもあります。

そのため、私たちが日々生活をして行く中で食事が十分に取れなかったり、激しい運動をしてエネルギー不足になってしまった時などに、エネルギー源や臓器の保護をしてくれるのです。

なくてはならない存在でもありますが、食事などから摂取しているエネルギーが消費エネルギーよりも多かった時に、余ってしまったエネルギーが中性脂肪となってしまうのです。

そうして余った中性脂肪が、まさにお腹の回りに付いている皮下脂肪なのです。

 

中性脂肪は生活習慣病の原因

30代くらいまでは、何も意識していなかった中性脂肪数値も、40代前後になってくると中性脂肪の数値は無視できなくなってくるのではないでしょうか。

中性脂肪値が高いと、肥満だけではなくインスリンとの関係も深いため糖尿病や生活習慣病になることもあるかもしれません。

その中でも、血管を塞いでしまう動脈硬化の促進が多く、心筋梗塞や脳梗塞につながる原因にもなってしまいます。

 

中性脂肪を減らすには

そこで、中性脂肪を減らすためには食生活の見直しが大切となってくるでしょう。

バランスの悪い食生活をしていたり、好きな物だけを食べ続けてしたりしていては中性脂肪の数値は高くなるだけです。

中性脂肪が増えやすい食べ物は、バターやクリーム、肉類など脂質の多いものや果実やお菓子、ジュースなどの糖質が多いものがあります。

このような食材はなるべく控えるようにし、肉類を魚介類にしてみたり、お菓子を食べたりジュースを飲んだりする習慣がある方できるだけ控えるように心掛けをしてみましょう。

ビールなどのアルコール飲料も控えめにしたほうがいいでしょう。

海藻やきのこ類、野菜などには食物繊維がたくさん含まれています。

これら食物繊維は脂質や糖質を吸収を抑える働きがあるので、普段の食事の中に取り入れてみてもいいと思います。

適度な運動

また、中性脂肪を減らすために適度な運動をしましょうと良く言われることもあると思いますが、自分のできるペースでできればいいと思います。

何よりも続けることが、中性脂肪を減らす重要なポイントとなっているので、無理のない程度からスタートしてみましょう。

メニュー

免責事項

※当サイトは血中中性脂肪を減らす食事や運動についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。血中中性脂肪を減らす食事や運動は個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。