血中中性脂肪

健康診断の結果を見て、肥満にチェックがついていてこれからどうしたらいいのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

肥満は、中性脂肪が脂肪細胞にたくさんたまった状態の事を言います。

これは体内にある脂肪の1つで貯蔵用のエネルギーともなっているのです。

血液の中にある脂質といえば、コレステロールをイメージする方が多いかもしれませんが、その他にも体内には脂質があり中性脂肪はとても重要な役割をしていることが分かります。

 

中性脂肪とは

コレステロールと中性脂肪の大きな違いは、摂取した糖質やたんぱく質、脂質の中で余分となったものが貯蔵脂質として皮下脂肪組織や肝臓に蓄えられているのです。

食物が不足してしまった時に、中性脂肪は脂肪酸やグリセロールへ分解されて、エネルギー源として働いてくれるのです。

人の体にはなくてはならない存在でもあります。

 

中性脂肪が高い原因

しかし、血液中の中性脂肪が増えてしまうと、善玉のHDLコレステロールを減らしてしまい、悪玉のLDLコレステロールが増えてくると厚生労働省のホームページにも書かれています。

中性脂肪によって悪玉コレステロールが増えることで、血管をふさぎ始めるため、動脈硬化になりやすくなっていくのです。

これが、高脂血症という病気と言われる病気となります。

 

血液中に中性脂肪が多いと

血液中に中性脂肪が基準値よりも多くあるということは、太りやすい体質でもあることが分かります。肥満になりやすいと、健康上さまざまな問題を抱えることになるかもしれません。

中性脂肪はインスリンとの関係が深いため、血糖値が下がりにくい方は糖尿病に注意して下さい。

 

血中中性脂肪を減らすには

何も気にせず、今のまま肉類や炭水化物、お菓子やアルコールなど変わらない食生活を続けていたら血中中性脂肪は増えて行くばかりで、高脂血症という結果になってしまうでしょう。

そこで、血中の中性脂肪を減らすためには、食事からの生活改善を行うと共に、自分に合ったペースで続けてみて下さい。

日々続けることが最も大切なことで、止めてしまうと直ぐに元の高値に戻ってしまうのです。

無理のない食生活を工夫をしながらすすめて行けるようにしていきましょう。

 

中性脂肪を減らす食事や運動

中性脂肪を減らすには食事や運動を見直してみるといいでしょう。

中性脂肪が高い原因となる砂糖の主成分でもあるショ糖を摂り過ぎないようにしたり、果物に含まれる果糖も増加する原因となるため、適量を考えましょう。

アルコールなどは肝臓に負担をかけ、結果として中性脂肪の分解を阻害したりします。

こういったことに気を付けるだけでも、中性脂肪を下げる効果があるので、すぐに実践していきましょう。

メニュー

免責事項

※当サイトは血中中性脂肪を減らす食事や運動についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。血中中性脂肪を減らす食事や運動は個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。